摂食障害 寿命 関係

摂食障害と寿命の関係について

スポンサーリンク

摂食障害になってしまった時には、寿命、つまりは命にも問題が生じてしまうこともあるようです。
摂食障害と命にはどのような関係があるのでしょうか?
摂食障害になってしまうと、過食症になってしまったり、あるいは拒食症になってしまったりと、極端な症状が出てきてしまうことがあります。
過食症になってしまっているときには、暴飲暴食によって胃腸などの消化器官にダメージが蓄積してしまったり、栄養バランスが偏ることによって、生活習慣病のリスクが高くなってしまうことがあります。
肝臓や腎臓などの臓器にも影響がでてしまい、後々大きな病気につながってしまうこともあるようです。
摂食障害が直接的に寿命を縮めるわけではありませんが、間接的に問題になってしまう場合があるのです。
また、過食症だけではなく、拒食症でも命に関する問題が出てきてしまう可能性も考えられます。

スポンサーリンク

拒食症の場合には、食事をしてもそのまま吐き出してしまうことがほとんどなので、栄養を十分に取り入れられなくなってしまいます。
そのままやせ細ってしまって栄養失調になってしまうことが問題となります。
また、稀ではありますが、餓死してしまう患者さんもいるようです。
著しく体重が減少してしまっているような場合には、病院に行って入院しながら治療を進めていく必要が出てきます。
自力で栄養を摂取することができない以上、点滴などの別の方法によって栄養を取っていく必要があります。
最終的には自分で食べていく必要がありますので、それまでにはじっくりと病院で治療をするようにしましょう。
きちんと病院に行って治療を行えば、命への影響も少なくて済みます。
自分だけで問題を抱え込んでしまうと、本当に命へ問題が生じてしまうこともありますので、専門家であるお医者さんに相談するようにしましょう。
決して一人で悩む必要などはないのです。

スポンサーリンク