摂食障害 治療 子供

子供の摂食障害の治療方法

スポンサーリンク

摂食障害は10〜20代のw会女性に多い症状だといわれており、親からしたらまだまだ子供だと感じられるような年頃でも摂食障害になってしまう可能性も十分に考えられます。
このように、自分の子供が摂食障害になってしまった時にはどのように対処していけばいいのでしょうか?
その治療方法についてみていきたいと思います。
摂食障害の治療を行っていくうえで重要になってくる要素の1つとして、家族関係が良好であることが挙げられます。
摂食障害には精神的な部分も大きく影響を及ぼしており、家族の仲が良好であると、摂食障害になるリスクも低いですし、摂食障害になってしまったあとも比較的早く回復することができるといわれています。

スポンサーリンク

そこで、治療の一環として、子どもに対して不安感を与えないように、子どものことを受け入れてあげられる心の余裕を持つようにすることが重要です。
そして、子どもの抱えている不安を取り除いていくことが治療方法になります。
多くの場合、自分が太っていて醜いという劣等感や、さらにきれいになりたいという気持ちから摂食障害になってしまうことがあります。
そこで、醜くはないこと、太ってなどいないことをわかってもらえるようにするのが治療に必要不可欠です。
そのためには、家庭内の問題を解消しつつ、本人が抱えている問題と、本人自身を切り離すことが大切です。
例えば、摂食障害によって嘔吐してしまうこと自体が問題なのであって、本人は全く悪くないと伝えてあげるようにしましょう。
これだけでも気持ちが楽になり、早く回復に向かうことが期待できます。

スポンサーリンク