摂食障害 克服 食事メニュー

摂食障害を克服する食事メニューとは?

スポンサーリンク

摂食障害になってしまうと、代表的な症状として嘔吐をしてしまうというものが挙げられます。
この嘔吐によって、栄養を十分に取ることができなくなってしまったり、それ自体がストレスになってしまってさらに症状が悪化してしまうということも考えられます。
また、吐き出すことによって、胃酸によって歯が溶けてしまったり、食道などがあれてしまって粘膜のトラブルが出てきてしまうこともあり得ます。
このように様々な影響を及ぼしてしまう嘔吐の症状を克服していくための食事メニューなどはないのでしょうか?
食事メニューを決めるときに大切なのは、意外なようですが、お米などの炭水化物を少なくしていくことがポイントになってくるようなのです。

スポンサーリンク

嘔吐をしてしまうことによって、血液の中の糖分が少なくなってしまう低血糖の状態に陥ってしまっていると、脳が勘違いしてしまうことがあるのです。
実際よりも血糖値が低いと脳が感じてしまうためにより過食に拍車がかかってしまう場合もあります。
このような状態のときには、血糖値を急激に挙げてしまうような食事は控える必要があり、そのためにも炭水化物はなるべく控えたほうが良いのです。
一般的な食事ではご飯やパンなどの炭水化物が必ずと言っていいほど出てきてしまいますが、摂食障害の克服の場合には、あえてこれらを少なめにしたお肉や野菜などを取り入れた食事をとっていくようにするとよいでしょう。
食事の順番としても、サラダなどの野菜類から最初に食べ始めて、炭水化物を接種する量を少なめに抑えておくことが必要になります。

スポンサーリンク