摂食障害 わがまま 性格

摂食障害の人の性格はわがままではない

スポンサーリンク

摂食障害になってしまっている人は性格がわがままだといわれてしまうことがあるようです。
しかし、これは大きな誤解です。
決して、摂食障害の人の性格はわがままなのではありません。
摂食障害になってしまう人に多く見られるものとして、痩せたいとか、きれいになりたいという願望があることがおおいようです。
しかし、このこと自体は全くわがままな性格ではありませんし、きれいになりたいと思うのは女性なら自然な感情です。
男性だって、少しでもかっこよくなりたいと思うのは当たり前のことだと思います。
しかも、きれいになりたいという気持ちは、自分のためではないことも多いです。
例えば、周囲からもう「少し痩せたほうがいいよ」などと言われてしまったことがきっかけとなって摂食障害になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

もちろん、周囲も相手を責めようと思っていったことではなく、何気なく口にしてしまったという場合もあると思います。
しかし、そういった言葉が深く心に刺さってしまい、痩せなくてはいけないという強迫観念につながってしまうことがあるのです。
こうしてみてみると、わがままで自分のことしか考えていないから摂食障害になるのではなく、相手のことを考えて自分は痩せなければいけないと考えることができる自分に厳しく、周囲の期待に応えようと頑張ることができるタイプだと考えることもできるでしょう。
誤った偏見によって、さらに精神的に追い込まれてしまう人もいるようです。
しかし、そのことを気にしすぎる必要はないのです。
決して自分を追い込む必要はありません。

スポンサーリンク