摂食障害 子供 対応

摂食障害になった子供への対応はどうすればいい?

スポンサーリンク

摂食障害になってしまうのは大人だけではありません。
子供も摂食障害になってしまうことがあるのです。
このように、子どもが摂食障害になってしまった時にはどのように対処していけばよいのでしょうか?
子供が摂食障害になってしまった時には、まず、なぜそのようになってしまったのか、原因を突き止める必要があります。
摂食障害になってしまう時には精神的に追い込まれてしまっていることが多いようです。
食事に関して自分でコントロールができなくなってしまうほどのストレスやプレッシャーに押しつぶされそうになっていることがあるのです。
そこで、まずは子供が摂食障害になってしまった原因を把握するところから対応を始めていきましょう。

スポンサーリンク

ただし、原因を把握すると言っても、問い詰めるように本人に聞いてしまってはいけません。
余計に心理的負担になってしまうこともありますし、それによって症状が悪化してしまう恐れもあります。
子供の言動を観察し、少しずつ把握していくことが大切です。
そして、原因がわかったら、その問題と子供自身との間には関係がないということをそれとなく教えてあげましょう。
例えば、食べたものを吐き出してしまうのは、あなたが悪いわけじゃないとか、頑張ったかいがあって十分スリムできれいになったなど、言葉や表現はその子に応じて変える必要はあると思いますが、ありのままのその子を認めてあげられるようにしましょう。
こうして家族同士で心が通じ合っているときには、摂食障害の治りも早いという話もあるようです。

スポンサーリンク