摂食障害 理解してもらえない 対処

摂食障害を理解してもらえない時の対処方法

スポンサーリンク

摂食障害になってしまった時、そのことを周りになかなか理解してもらえなくて悩んでしまうことがあります。
摂食障害になってしまっている本人にとっては大きな問題なのですが、実際にその症状に悩まされていない人からするとなかなか理解することができず、場合によっては本人の甘えだと誤解されてしまうこともあるようです。
このように摂食障害であることをなかなか周りに理解してもらえない時にはどのように対処していけばいいのでしょうか?
恥ずかしさなどもあり、難しいと感じてしまうかもしれませんが、やはり、理解してもらうためには、どうして悩んでいるのか、どのような症状があって困っているのかということを言葉にして伝えることが一番です。
事情を知らない人から見ると、ダイエットのために食べ物を粗末にしているように映るかもしれません。

スポンサーリンク

しかし、実際には食べたいけど食べられなくて苦しんでいたり、これ以上は食べたくないと思いながらも次々と食べ物を口に運んでしまって止まらないということもあります。
泣きながら食べたり吐いたりを繰り返している人もいます。
このことを周囲の人に伝えてあげる必要があります。
単なる好き嫌いで食べ物を粗末に扱っているわけではないこと、贅沢をしているわけでも甘えているわけでもなく、れっきとした病気であることを話しましょう。
最初はすべての人に理解してもらう必要はありません。
1人でも理解者ができればいいのです。
その人がそれ以降味方になってくれて、周囲のもつ誤解を正してくれることもありますので、最初に周囲に話す勇気を持つことが大切になります。

スポンサーリンク