摂食障害 LDL 関係

摂食障害とLDLの関係

スポンサーリンク

背職障害になってしまうと、健康診断の時に数値に異常がみられることがあります。
その1つとしてLDLの数値に異常がみられることがあります。
摂食障害とLDLの数値にはどのような関係があるのでしょうか?
確かに、摂食障害になってしまった時にはLDLの数値が高くなってしまうといわれています。
そもそも、LDLというのは、低比重リボタンパク質というもので、コレステロールを運搬する機能を持ったタンパク質のことを言います。
そして、このLDLとくっついた状態にあるコレステロールのことも略称としてLDLと呼ぶことがあります。
この数値が高くなってしまっていると、動脈硬化になってしまうリスクが高くなってしまうともいわれており、悪玉コレステロールと呼ばれることもあります。

スポンサーリンク

実際に、摂食障害の患者さんの場合は、LDLの数値が高くなるようですが、あまり気にする必要はないという話も聞きます。
もちろん、高い状態でいいというわけではありませんが、いま気にしなければいけないのは、LDLの数値を改善していくことではなく、摂食障害そのものを治していくことなのです。
摂食障害を治すことによって、それに付随しておこっているLDLについても治していくことができる可能性があるからです。
一応、このコレステロール値を低下させるための薬もあるのですが、病院でもこれを摂食障害のために使用するということはあまりないようです。
ですので、それほど深く心配する必要はありません。
ゆっくりとで構いませんので、摂食障害自体を改善していくようにしましょう。

スポンサーリンク