拒食症 500カロリー 食事

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい

スポンサーリンク

ダイエットは女性の最大の関心事ですが、拒食症になる恐れがあるので十分な注意が必要です。
拒食症というのは神経性食欲不振症というれっきとした病気で、無理なダイエットを続けていると身体が食べ物を受け付けなくなるのです。
特に10代から20代の女性に多くみられ、精神的なストレスやダイエットが引き金になっているのです。
食べることに対する強い罪悪感を抱いてしまうのが特徴で、拒食症は心の病気ともいわれているのです。
一般的に標準体重よりも15パーセントから20パーセント以上痩せていると拒食症と判断されます。
ダイエットの方法の中には1日500カロリーを摂取するというものがありますが、これなどは非常に危険な方法と言えます。

スポンサーリンク

女性の1日の平均摂取カロリーは1200から1500ぐらいといわれているので、それを遙かに下回る500カロリーの食事というのは拒食症になる確率がとても高くなります。
治すためには原因を突き止めて、治療することが必要になります。
身体的な治療としては点滴や高カロリー輸液によって栄養を補うやり方があります。
また食べないという気持ちを変えて、食事をすることの大切さを学んでいくという治療法もあります。
また家族関係などが原因の場合は、家族の間の不和などを解消することで治ることがあります。
基本的には心の病気なので、心理療法によって治療するのが一般的です。
自己実現や自立できないという悩みを解消することで、治療することができます。

スポンサーリンク

関連ページ

拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について