拒食症 診断 体重

拒食症の診断、体重のチェック方法について

スポンサーリンク

拒食症だと明確な診断がなされるのは幾つかの項目の症状に該当する場合です。
拒食症の症状としては、食に関する異常な言動、さらには自身の体型、見た目に関する偏った見解などが挙げられます。
こうした症状にプラスして、過度の体重減少などがあればその診断は明確になっていくのです。
とはいえ、一体どの程度の体重であれば病的だと判断されるのか、知らないという人も中にはいるでしょう。
人によって理想とされる体重は異なってきますし、一概にこの数値と限定するわけにもいかないのです。
一般的に、拒食症の疑いがあるとされるのが標準体重マイナス20%以下の数値です。
標準の数値に関しては自身の身長×身長×22で計算することができます。
この数値からマイナス20%ですから、よっぽどのことがない限りこの数値を下回ることはないのです。

スポンサーリンク

この数値を下回っている場合、さらにはこの他にも拒食症の典型的な症状が現れているという人は早急に専門医の診断を受けることをお勧めします。
こうした摂食障害は症状が悪化、慢性化することによって命の危険をひきおこすこともあります。
出来るだけ早く対処していくことで、その危険を避ける必要があるのです。
ここで挙げる専門医というのは精神科や心療内科のことを指します。
拒食症をはじめとする摂食障害は身体的な病というわけではなく、あくまで精神面での病です。
その道のプロに診断、治療をしてもらうことによって症状の改善、克服が可能になってくるのです。
摂食障害の治療には定期的なカウンセリング、適切な処方薬が必須となります。
さらに周りの協力体制も欠かせないのでこうした点はしっかりと押さえておくといいでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について