拒食症 症状 チェック テスト

拒食症の症状とそのチェックテスト

スポンサーリンク

拒食症はその名の通り、食事をすることに関して強い拒絶反応が出る病気のことです。
拒食症は体質的な病気というものではなく、いわゆる精神的なストレスなどが原因で起こるものです。
過度のダイエットや食事制限によって引き起こされることも多く、症状が悪化すると命の危険も引き起こされるので注意が必要です。
食事の量が極端に減った、食べることに対して罪悪感がある、体重が減ることに強い喜びを感じるなど、気になる症状がある場合にはできるだけ早い段階でチェックしていく必要があります。
その具体的なチェック方法について、簡単なものであればネット上でチェックテストが公開されています。
もちろん、それで明確な診断ができるというわけではありませんが、受診のきっかけにはなるのです。

スポンサーリンク

拒食症のチェックテストの結果が悪かった場合、できるだけ早急に専門医の診察を受けることをお勧めします。
必要に応じて入院、投薬治療が行われますし、この受診によってより長期的な支援を受けることができます。
拒食症は患者本人が病状を把握し、その危険性を意識していくことが大切です。
自分の意思で治療に取り組むことができて初めて症状が改善に向かっていくのです。
周りの人間の支援はもちろん必要ですが、受診の際はできるだけ本人の意思をそちらに向けていくことも大切です。
最悪の場合、精神的な病、うつ病などの症状も併発することがあるこの病、できるだけ症状が軽いうちに行動に移すのがポイントになってきます。
気になる点がある場合には注意しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について