拒食症 体重 計算

拒食症であるかを判断するための体重の計算方法

スポンサーリンク

標準体重は、身長や体重から割り出すことが出来ます。
計算方法は、身長が160cm以上の場合には、身長から100を引き、その値に0.9を掛けた値になりますし、150cmから160cmの身長である場合には、身長から150を引き、その値に0.4を引きさらに50を足した値となります。
そして、身長が150cm以下である場合には、身長から100を引いた値が標準的な体重となりますが、この値の8割以下の状態が3ヶ月以上継続している、月経が止まっている、食べることに対して罪悪感がある、自身の体型に関してコンプレックスがあるという場合には、拒食症である可能性があります。
拒食症である場合には、専門的な治療が必要となります。

スポンサーリンク

拒食症の人の大きな特徴として、摂取カロリーを計算するということにあります。
その上で、少しの体重変化に一喜一憂するということも特徴ということが出来ます。
少しでも痩せることが出来れば、喜びを感じ、少しでも太ってしまった場合には、罪悪感や嫌悪感を感じてしまい、摂取カロリーをさらに減らす、下剤を乱用するという行為を行う場合もあります。
標準体重の6割以下になると、全身衰弱の状況となります。
そのため、重い合併症の原因となる可能性があり、場合によっては命の危険もあります。
このような場合には、緊急的な入院治療が必要となる可能性もあります。
自傷行為や抑うつ状態である場合には、精神科病棟への入院、行動管理が必要となることもあります。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について