摂食障害 胃痛 原因

摂食障害による胃痛の原因とは?

スポンサーリンク

摂食障害になってしまうと胃痛が生じてしまうこともあります。
このような症状が現れてしまう原因は何なのでしょうか?
摂食障害になってしまった時の症状の一つとして、過食症状があります。
通常よりも多い量の食べ物を取り入れようとしてしまうために胃に対して多大な負荷がかかってしまって胃痛が生じてしまうのです。
まず、食べ過ぎることによって、物理的に胃に対して負担がかかってしまいます。
これが原因となって胃の痛みが生じてしまうのです。
また、食べ過ぎることで許容量を超えてしまって吐き出してしまうことがあります。
この嘔吐によって胃や食道が胃酸でダメージを受けてしまって損傷してしまうこともあるのです。
このようにして痛みが生じてくることもあります。

スポンサーリンク

この症状をそのまま放置してしまうと、さらにこれが原因となって症状が重くなり、より大きな病気に発展してしまうことがあります。例えば、胃潰瘍になってしまう可能性なども考えられますし、さらに、胃がんに発展してしまうこともあるといわれています。
摂食障害による胃痛が続いている場合には、なるべく早めに消化器科を受診するようにしましょう。
また、消化器科を受診する時には摂食障害に悩んでいることも伝えるようにしたほうが良いでしょう。
心理的に伝えるのが辛いかもしれませんが、正直に話すことによって適切な治療を行っていくことができますし、病院側もそれに合わせた治療方針を定めることができます。
抵抗はあるかもしれませんが、きちんと相談して早期に対処をするようにしましょう。

スポンサーリンク