子供 拒食症 原因

子供の拒食症、その原因について

スポンサーリンク

拒食症といえば、見た目にコンプレックスを抱いていたり、ダイエットに集中しがちな大人、特に女性に多いものと思われている人もいるでしょうが、実際はすべてがそうというわけではありません。
というのも、最近では子供の摂食障害、拒食症も増えてきているのです。
拒食症はいわゆる精神的な部分での病です。
何かしらのストレスがその症状の原因になっていることが多く、子供の場合でもそれは同様です。
子供の場合、大人以上にデリケートに物事を感じ取っていくので、とりわけ注意が必要になってきます。
病気でもないのに急に食事を摂らなくなった、極端に痩せて心身にも影響が出てきている、こうした場合には早急に専門医の診察、治療をうけるようにしましょう。

スポンサーリンク

子供の摂食障害の場合、受診するのは小児精神科、小児心療内科など、子供の病状把握に優れた診療科を利用するのが良いでしょう。
とりわけデリケートな感情変化がある年齢ですから、大人の場合とはまた違った治療、カウンセリングが必要になってくるのです。
比較的年齢が若いうちからの摂食障害はその原因が家庭や学校など特定されやすいのが特徴です。
もちろん、その原因となった人は悪意がなかったのかもしれません。
ですが、多感な時期だからこそ、そうした他人の言動の一つ一つにストレスを感じ、症状を引き起こしている場合もあるのです。
すべてのケースがそうと言えるわけではありませんが、患者自身はもちろん、その周りの環境についても今一度見直していく必要があるのです。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について