拒食症 パン 食事

拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法

スポンサーリンク

拒食症はスタイルや体重を気にする人がなりやすいと言われている症状です。
何気ない一言やきっかけで「もっと痩せなくては」「こんな見た目ではダメだ」と痩せることに対してどんどん欲が出てくることにより食事の量や内容が変化していきます。
拒食症になる人は肉などのたんぱく質、うどんやパスタなどの炭水化物を取らなくなり、カロリーがとにかく低いものを選んだり、同じものをずっと選んで食べるといった行動がよく見られます。
拒食症の人がよく選ぶ食事として挙げられるのがパンです。
食パンの6枚セットなど低カロリーで柔らかく食べやすいものを食べ、食事としては栄養不足ですが、お腹が満足しているという思い込みを起こします。
また同じ理由でパンの耳だけを選ぶ人も多いです。

スポンサーリンク

では、食パンや耳だけを食べる人の食事方法を改善するにはどうしたら良いか考えていきます。
拒食症の人は不安やストレス、太ることへの恐怖感を持っています。
まずはカウンセリングなどお医者さんに診てもらった上で栄養バランスを考えた食事を少しずつ取り入れていきます。
いきなり大量にシフトすると小さくなった胃も驚いてしまう為、例えばパンにジャムだけ塗る、ハムを乗せてみるなど少しプラスする形から入ると良いです。
普段から変わったことに対してもし抵抗がある場合は、量を少量だけ乗せて食べるのがおすすめです。
慣れてきたら今度はコーンポタージュなどわりと軽めなスープを付けてみます。
あくまで一気に増やさないことが重要です。
カウンセリングと併用して段階的に治していくのが一番の方法です。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について