拒食症 寿命 影響

拒食症による寿命への影響等について

スポンサーリンク

拒食症とは摂食障害という栄養摂取に関わる疾患の一種で、体が食べ物を拒絶してしまうというものです。
この疾患はどの年代でも発症する可能性がありますが、特に10〜20代くらいの若い女性の患者が多いと言われています。
なぜ若い女性に患者が多いのかというと、この年代は自分のスタイルというものに非常に敏感な世代である事が挙げられます。
常に太らないようにと気にし過ぎるあまり、食べるという行為そのものに罪悪感を感じるようになります。
その罪悪感がどんどん重くなる事で、最終的には食べ物が喉を通らなくなってしまうのです。
ただ患者の中には自分が拒食症だと気付いていない場合も少なくなく、知らないうちに症状が進行してしまう事があります。
一般的には身長と体重から割り出す標準体重よりも、20%程度軽い場合には注意が必要だとされています。

スポンサーリンク

拒食症になった場合に現われる症状としては、食べ物が食べられなくなり、無理に食べると嘔吐してしまうというのが知られています。
これによって体が常に栄養不足の状態に陥ってしまうので、体温や思考力の低下等といった症状も発生します。
また体が栄養不足という事は正常な働きが出来なくなる事に繋がり、その影響で寿命が短くなる可能性も充分に考えられます。
そして拒食症は完治させるのが難しい疾患としても有名で、再発を何度も繰り返す事も少なくないのです。
このような特徴は栄養不足状態が長期に渡る事に直結するので、そういう意味でも寿命に影響を及ぼします。
そのため、本人や周囲の人が異常に気づいたら、迷う事なく病院を訪れて診てもらう事が望ましいと言えます。
ちなみに、病院での治療は心と体の両方のケアをする事が大切で、専門家によるカウンセリングや栄養指導が行なわれたりします。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について