拒食症 栄養指導 治療

栄養指導等の治療を行う拒食症について

スポンサーリンク

拒食症とは摂食障害と呼ばれる栄養摂取に関わる疾患の一種で、食べ物が食べられなくなるというものです。
男女の別や年代に関係なく発症しますが、その多くは若い女性に集中しています。
 なぜ若い女性の患者が多いのかというと、それはダイエットに関心が高い事と深く関係しています。
若い女性の多くは自分のスタイルに注意を払っていて、少しでも太ったと感じるとすぐにダイエットを行なう人が少なくないです。
それを繰り返す事によって食べる事自体に罪悪感を抱くようになり、だんだんと体が食べ物を受け付けなくなります。
ちなみに一般的に言われている標準体重よりも、15〜20%以上体重が軽いと拒食症と診断される事が多いとされています。

スポンサーリンク

 拒食症の患者に現われる症状としては、食べ物が食べられなくなり、無理やり食べても嘔吐してしまうというのが有名です。
それ以外にも体に必要な栄養が供給されなくなるので、低体温や生理不順、思考力の低下等も見られるようになります。
 拒食症になった場合の治療については、心と体の両方を丁寧にケアしていく事が大切です。
この疾患は心の病気の一つなので、専門家によるカウンセリング等を受けながら、心を癒す事が重要になります。
また体の治療としては専門家による栄養指導を受ける事が多く、栄養指導に従って食事内容を見直す事が大切です。
 拒食症は完治させるのが難しく症状が落ち着いたと思ったら、数か月後に再発するという事も珍しくないです。
そのため家族等の身近な人達の協力を得ながら、焦らずに治療に取り組む事が重要なポイントとなります。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について