拒食症 胃痛 症状

拒食症によって起こる胃痛の症状

スポンサーリンク

拒食症とは摂食障害の一種で、体重が増えることに過度に反応してしまう病気のことです。
精神的な部分で自分は痩せなくてはいけないと思い込んでいたり、痩せることによって快楽を得ている傾向があるので、その行為をとめることができません。
しかも、それによって食事の量を極端に減らしたり、さらには下剤の多量服用を繰り返していきます。
人間の体は痩せることによって胃腸を支えている筋肉が衰え、その機能が低下していきます。
消化吸収がスムーズに行われなくなるだけでなく、胃痛を感じることもあるので注意が必要になってくるのです。
この胃痛の症状は拒食症の症状が進行すればするほど、現れやすくなっていきます。
その結果、悪循環を招くことにもなるので早急な診断、治療が必要になってくるのです。

スポンサーリンク

こうした胃痛の症状を解消するためには少しずつでも体重を増やしていく、食事を摂っていくことが大切です。
もちろん、そのためには専門医の治療と並行していく必要がありますが、まずは胃腸の血行を良くすることからはじめていきましょう。
衰えてしまったお腹周りの筋肉、そして胃腸の機能は患部を温めて血行を良くすることで改善していくことができます。
さらに、体を温める効果のある温野菜、和食を積極的に取り入れるのもオススメです。
少しずつ食事や生活面を改善していくことで、胃腸の不快な症状を解消していくことができますし、結果、拒食症克服にもつなげていくことができるのです。
もちろん、これだけで完全に拒食症を克服できるというものでもありませんが、治療を進めるための良い切っ掛け作りにはなるでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について