摂食障害 チューイング 太る

摂食障害の原因となるチューイングで太る?

スポンサーリンク

摂食障害の時に行ってしまいがちなチューイングですが、実はこれが原因となって太ってしまうことがあるといわれています。
チューイングとは食べ物を食べた後に、それをあえて吐き出すことをいい、チューブなどの道具を使って吐き出す人もいるようです。ダイエットするために、食べたものを吐き出すようになってしまってから摂食障害に発展してしまうこともあるようです。
チューイングを行うきっかけとしては、一時的に食欲を満たすために食べ物を食べ、消化吸収されて太ってしまう前に吐き出すことで痩せようという発想が生まれてくることが挙げられるようです。
確かに、一見するとダイエットに効果がありそうな気もしますが、これが逆に太る原因となってしまうこともあるようなのです。

スポンサーリンク

どうして食べたものを吐き出しているのにもかかわらず太ってしまうのでしょうか?
それは、やはり必要な栄養が取り入れられていないために、すぐにお腹がすいてしまい、食欲が増えてしまうことが考えられます。食べてもすぐに吐き出せば大丈夫だという気持ちから食べ物を口にすること自体も増えてしまうこともあり、結局はたくさん食べてしまうこともあるようです。
このようになってしまうと、そもそもの目的であるダイエットを成功させることもできませんし、これが原因となって摂食障害に発展してしまうリスクが非常に高いです。
吐き出すことによって、食道や口の中などもあれてしまい、別のトラブルに派生することも十分に考えられますので、やはりチューイングは控えるようにしたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク