拒食症 運動量 原因

拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因

スポンサーリンク

太り過ぎていると勘違いしてしまい、極度に体重を減らしてしまう衝動を拒食症と言い、特に若い人に見られます。
一見中肉中背の体型に見えても、太っていることの恐怖を感じて、食事をほとんど取らなくなります。
これで減量すれば達成感を感じ、さらに痩せようとする危険な症状なのです。
こういう行動に出てしまう原因は、体型に対するコンプレックスや何らかの挫折を経験した後に拒食症に走ってしまう人が多いです。
10代から20代はこのようなことに敏感で、他人から言われた些細な言動をきっかけに無理に痩せようとする人もいるのです。
この体重の落とし方は主に食事を減らしていくことが多いですが、それだけでは物足らず、過度な運動量でさらに痩せようとします。
食事の摂取カロリーが少ない状態なうえに、こういう大量の消費カロリーがあれば痩せていくのは当然です。
しかし、なぜ無理な運動量でここまで痩せようとするのでしょうか。
それは、本人にしか分からない複雑な原因があるからです。

スポンサーリンク

拒食症の人で運動をし過ぎる人は、どんなときでも毎日運動をしようとします。
しかも、時間があれば7〜8時間は続けてしまうところがあり、時間を取るのが難しい場合でも合間を見つけては運動を行い、運動量を増やそうとするのです。
こういう精神状態は一種の強迫観念であり、運動をしなければ太ってしまうという強い思い込みから行動に出てしまいます。
毎日自分なりに運動をすることが安心感にもなり、運動をしなければ強い不安を感じてしまうことが原因なのです。
周りから見て特別な理由がない限り、毎日3時間以上の運動をしてしまう人は、このような思い込みに縛られていると言われます。
運動は確かに健康にいいことですが、食事の摂取カロリーを上回るほどの消費カロリーは健康とは正反対な状態です。
拒食症の人は専門の治療が必要となるので、極端に痩せようとする人を放っておくのは大変危険です。
治療は強迫観念を和らげていくことを中心に、完璧を追い求めすぎない価値観を教えていかなければいけません。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について