拒食症 克服 食事内容

拒食症を克服する食事内容とは

スポンサーリンク

拒食症というと、何も食べない人というイメージがありますが、それは間違いです。
何も食べないのは絶食と言います。
もちろん精神的な面が大きいのですが、食事内容によっては克服することが出来るのです。
拒食症の人は、パン・うどん・バナナ・ヨーグルト・納豆・チーズなど、意外とカロリーの高そうなものを食べている人もいるのですが、必要な栄養素は全く摂れていません。
しかも、小皿に少しだけ取って食べることが多いのです。
長年続けていると胃もそれで満足してしまいますし、実は食べた後に吐いてしまう人も結構多いのです。
そのような行動を取っているということにも注意が必要です。
では、どのような食事内容で克服していけば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

克服するためには、一気に元の食事に戻してはいけません。
口あたりの良い温野菜、好きなパウンドケーキなどから初めていくと良いでしょう。
しかも全部食べきれなくても良いとします。
全部食べなくてはと思うとプレッシャーになり、余計に食べられなくなってしまうことが多いのです。
そして、量は少なくても、様々な種類の食べ物が並んでいる食事内容の方が良いでしょう。
例えば、牛乳を入れた紅茶、半熟卵、冷奴、刺身、などなど。
治療をしている人が好き、かつ栄養が豊富なものを中心にして、少しでも多くの物をテーブルに並べましょう。
そして日記やブログなどを付けるのも良いですね。
一人前を食べ切れた時の達成感は口に表せないほどだと思います。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について