拒食症 治療 期間

拒食症の治療期間について

スポンサーリンク

食生活に関する病気として拒食症というものがあります。
これは体だけではなく精神的なものが大きく関わっている病気となっています。
また拒食症は根治が難しい病気となっています。
したがって回復するまでの期間が長くなる傾向があります。
治療期間に関しては、治療を始めた時期が症状の進行状況の中のどの段階であったということが大きく関係しています。
体重の低下が見られるというような状態であっても、毎月月経があったり低体重や思いこみなどの症状が出たばかりの頃には、病院で治療を受けることで数ヶ月で完治することもあります。
したがってできるだけ早い時期に治療を開始することが大切です。
体が食事をすることを我慢している状態の頃には効果も高くなります。

スポンサーリンク

しかしこのような症状が長期間にわたって続いているというような場合には、その段階から開始した場合、合併症などの状況によって10年以上が必要になることもあります。
合併症の対応や栄養失調に関する内科的な処置が病院では行われるようになっていますが、このほかに食べることが怖いというような強迫観念を取り除く必要があります。
したがって心療内科や精神科など複数の診療科が協力して進めていくことが大切です。
健康な状態に戻るまでに長い期間が必要になるのが拒食症の特徴です。
しかしここで焦ってはいけません。
精神的な疾患となっているので、一度症状の改善が見られても、再発の可能性が高くなっています。
一つ一つの段階を経て根気よく治療を続けていくことで必ず改善することができます。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について