拒食症 回復期 うつ

拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状

スポンサーリンク

拒食症の治療をしていて回復期に、うつ病のような症状が現れる場合があります。
それはどんな症状かというと、「このまま太ってしまうのではないか」という恐怖です。
拒食症の回復期には、正常な食欲が戻ってきて食事ができるようになりますが、当然の結果として体重が増えます。
拒食症の人にとっては、それがどうしようもなく怖く感じられて、うつのような症状を発症します。
うつを吹き飛ばす考え方ですが、体重が増えるのは自然なことだと自分に言い聞かせることでしょう。
それには、周囲の人の助けも必要です。
不安になったら、「健康になる過程だから大丈夫」などと声をかけてもらってください。
うつになるような人は、精神面が弱い人なので支えてくれる人が必要です。

スポンサーリンク

それと、気持ちの底に「どこまで太り続けるのだろう」という不安がありますから、体重をつけてください。
たとえば、「50キロまでなら太っても大丈夫」というように、目標を設定するとよいでしょう。
50キロをオーバーすることもありますが、それはそのとき考えればいいことです。
「50キロまでかなり時間がある」と思うことで心の安定が得られるでしょう。
不安な気持ちに実態などありませんから、このように考えることで打ち消しの効果があります。
うつの人に必要なのは「心の安定」です。
実際は、拒食症の人が食事をしたからといって急激に50キロまで太るなどという心配はなく、体重が増えると共に健康になって、それと同時に心の安定が得られるようになります。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について