ldlコレステロール 拒食症 関係

拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます

スポンサーリンク

若い女性の間ではダイエットが盛んですが、痩せて美しくなりたいという願望が引き起こしている病気が拒食症です。
拒食症の人は自分が病気だという認識がほとんどないのが特徴です。
そのため症状が悪化して、死に至ることもあります。
栄養不良に陥ると様々な障害が出てきます。
特に筋肉を動かすのに必要なカリウムが不足すると、不整脈を起こし、重症の場合は心不全を引き起こします。
そうなっても食べ物を拒むというのは、自分で精神のコントロールができないからです。
拒食症というのは心の病気なのです。
栄養不良がひどくなると肝機能障害を引き起こすこともあるので、血液検査で肝機能を調べる必要が出てきます。
体重が減少するとldlコレステロールと呼ばれる悪玉コレステロールが増加します。

スポンサーリンク

ldlコレステロールだけでなく、hdlと呼ばれる善玉コレステロールも数値が高くなるのです。
さらに栄養障害が重症化すると、低コレステロール血症になってしまいます。
このように恐ろしい障害が出てくるのが拒食症ですが、本人に自覚させるためには精神的な治療をする必要があります。
医師によるカウンセリングによって抑えられていた感情や欲求をはき出させることで、心の重荷を取り去ることが大切です。
またダイエットだけが原因とは言えず、人間関係のストレスなどが引き金になっている場合もあります。
精神療法ではそのような人間関係を自覚させることによって、ストレス解消の方法を探ります。
大事なのは自分の考え方の歪みを本人に自覚させることです。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について