拒食症 0カロリー 食事

0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは

スポンサーリンク

ほっそりとしたモデルのような体型に憧れる女性は多いのではないでしょうか。
そのためにダイエットを行なっているという人も少なくはありません。
しかし、体重という目に見える数値にばかり囚われている場合には、拒食症になってしまう可能性があります。
拒食症とは、客観的に見ると痩せているにもかかわらず、太っていると感じ、体重が増えることにより恐怖心や不安感を感じているという状態を指します。
食事からカロリーを摂取することに対して、嫌悪感を感じ、0カロリー製品ばかりを摂取するということもあります。
空腹感に耐えることが出来ず食べてしまった場合には、それによる体重増加を防ぐために食べた物を嘔吐するようになったり、過食症に移行することもあります。

スポンサーリンク

拒食症は、間違った認識により発症するものです。
0カロリー製品ばかりを食べるようになる、食事制限を徹底した行う、食べた分だけ動いてカロリーを消費しようとする、月経がなくなる、むくみが見られる、最終的には生命の危機的状況に陥る場合もあります。
拒食症の原因は様々ですが、自己評価の低さや強迫性パーソナリティ障害が原因である可能性もあります。
治療は、入院が必要となる場合もあります。
一度良くなったように感じられても、少しのきっかけで元に戻ってしまう可能性もあります。
治療を行なっても、すぐに効果を得ることが出来るということはなく、長期的な治療が必要となります。
心の病気が影響していることも多いため、心理療法も大切になります。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
拒食症になると腹痛などの症状が現われます
子どもに増える拒食症とその症状について