拒食症 症状 腹痛

拒食症になると腹痛などの症状が現われます

スポンサーリンク

拒食症は正式には神経性食欲不振症と呼ばれ、若い女性に見られる摂食障害の1つです。
ダイエットに拘ることで食事を制限し、体重が急激に若しくは大きく減少する疾患です。
太ることに恐怖感を抱く一方、痩せていることに対しては認めようとしないのがこの疾患の特徴です。
原因として家庭環境・人間関係の悩みなどによるストレスがあげられます。
拒食症は、便秘や腹痛・集中力や判断力の低下・手足の脱力感など様々な症状が現われます。
食事制限により栄養が十分に行き渡らないことから、低体温や不整脈の症状を招くことになります。
標準体重より20パーセント以上痩せていることや器質性疾患がないなどの要因に該当すれば、罹っている可能性が高くなります。

スポンサーリンク

拒食症の治療方法として、薬物療法・心理療法・栄養療法の3つが行われています。
薬物療法は、不安や抑うつを解消するため抗精神薬が用いられます。
薬物療法と平行して心理療法が進められ、不安となっている原因や体重増加に対する恐れを取り除いていきます。
栄養療法に関しては、標準体重の80パーセントに近づくまで続けられ、経口摂取または経腸摂取が行われます。
こうした療法により腹痛などの症状が改善されていきます。
患者自身が食べやすいものを少しずつ食べさせてあげるようにします。
拒食症は適切な治療を受けると完治しますが、完治までには一定の時間を要します。
日常生活においては家族を中心としたサポートが大事になってきます。

スポンサーリンク

関連ページ

500カロリーの食事は拒食症になる危険性が大きい
拒食症の痩せるペース、体重管理の注意点
拒食症の回復期に見られる症状とは
拒食症の診断、体重のチェック方法について
拒食症の原因の一つに母親との関係性があります
拒食症の症状とそのチェックテスト
拒食症であるかを判断するための体重の計算方法
拒食症になると体重の変化が気になりだします
拒食症のきっかけと克服について
子供の拒食症、その原因について
拒食症が治るきっかけについて
拒食症の食事でパンを選ぶ理由と改善方法
拒食症と診断されたらカロリー計算を実施
拒食症特有の脚やせの原因とは
拒食症による頭痛の症状について等
拒食症による寿命への影響等について
栄養指導等の治療を行う拒食症について
拒食症となる理由は体重が減らないなどがある
拒食症によって起こる胃痛の症状
拒食症の人が過度な運動量で痩せようとする原因
拒食症の症状で吐き気
拒食症を克服する食事内容とは
拒食症の治療期間について
拒食症の回復期に襲ってくるうつ症状
拒食症は栄養不足との関係でldlコレステロールが増えます
0カロリー製品ばかりの食事制限を行う拒食症とは
60代に適した拒食症の治療で病気を克服する
男性の拒食症とその症状、女性との違いについて
子どもに増える拒食症とその症状について