過食症 薬 市販

過食症を市販の薬で緩和する

スポンサーリンク

過食症のタイプを分類すると、おおまかには2つのタイプとなります。
嘔吐を繰り返すか否かによります。
嘔吐を繰り返すタイプの過食症には、強い酸性を伴う胃酸が逆流しますので、食道が炎症を起こしたり、歯が溶けるという症状がまず見られます。
また、拒食症に似た結果となりますので、栄養不足による肌荒れや口内炎、薄毛なども考えられます。
一方で嘔吐を伴わないものに関しては、肥満、カロリー過多に伴う脂肪肝、心筋梗塞、糖尿病、高血圧などの生活習慣病が考えられます。
また、両者に共通する疾患として、うつ病などの精神疾患に陥る可能性もあります。
自己嫌悪による精神不安やうつ病です。
過食症もひどくなると、日々ストレスが溜まってしまい、犯罪や自傷行為に走るというケースも少なくありません。
では、この症状をコントロールする方法について確認しましょう。

スポンサーリンク

一番のおすすめは、やはり医療機関にかかることです。
過食症患者さんの多くは、食べることにしか興味が持てないですとか、食べることでしかストレス解消ができないという状態に陥っていることが多いので、他のことに興味を向けさせるような治療法を行う病院が多くなっています。
根本的な改善ができますので、最優先させるべきでしょう。
一方で、輸入を含んだ市販薬の活用も一つの手段です。
ダイエットサプリや、食欲を抑える市販薬が多く出回っています。
医療機関にかかるよりは、手軽感があるのがメリットでしょう。
ただし、これらのサプリメントや薬で効果が高いものは、海外のものが圧倒的です。
特に肥満大国のアメリカの製品は、口コミサイトの常連です。
「リデュース」、「ファスティン」などの輸入薬は、脳に働きかけ食欲をなくす作用があり、取り扱うインターネット業者も多くあります。
これらは、副作用があまりないことでも知られています。
ただし、注意点として、以下2点。
あくまで自己責任での使用となる点と、薬だけに頼らず生活習慣改善をこころがけ、徐々に量を減らしてゆくことには注意してください。

スポンサーリンク