過食症 克服 きっかけ

過食症克服のきっかけは

スポンサーリンク

過食症とは、自分の食欲をコントロール出来ずにひたすら大量の食物を食べてしまう病気です。
食べたいのに食べれない拒食症と共に摂食障害と呼ばれます。
ただの食べ過ぎと混同されがちですが、こちらは精神の病気なので注意が必要です。
過食症の原因で圧倒的に多いのがストレスです。
現代社会では日常において様々なストレスを感じる事が多いです。
ストレスを溜め込んでしまう人は注意が必要です。
また、過食症の特徴で食べてしまった後で「これ以上太ってはいけない、痩せなくては」と考え全て吐いてしまいます。
この食べて吐くというサイクルが日常的になってしまうのが怖い所です。
また過食症は、うつ病やアルコール中毒、自殺といった更なる精神の病気の引き金にもなりかねません。

スポンサーリンク

摂食障害は治療が困難な病気と言われています。
病気を克服出来たきっかけも人それぞれですが、一番大事なのはやはりこれまでの食生活を見直す事でしょう。
バランスのとれた食事を3食とり、無理な食事制限は止めましょう。
制限をかけることでかえってストレスにより食べ過ぎになってしまうことも有ります。
また、大きな原因を占めるストレスをなるべく感じないようにすることも大事です。
過食症は個人の気持ちによるところが大きい病気なので、何かのきっかけで克服出来る場合も多いです。
一人で悩まず病院に行って治療する事も大事です。
現代を生きる私達はストレスを感じる事が多いので、誰でもこの病気になるかも知れません。
大切なのは適度にリフレッシュして、なるべく感じるストレスを減らす事です。

スポンサーリンク