過食症 原因 母親

過食症の原因、母親の影響が強いのは本当なのか

スポンサーリンク

過食症をはじめとする摂食障害の原因は過度のストレス、見られること、さらには体重増加に対する過度の恐怖感によって引き起こされていきます。
もちろん、人それぞれ原因は異なってくるのですが、その発症が比較的年齢の若い、思春期時期に多いのがこの病気の特徴です。
母親との関係によるストレスが関係しているという説もあるので、思い当たる節があるという人は一度思い返してみるのもいいでしょう。
特に、母親との関係性の中で見た目に気を極端に気を遣うようになってきたというのであれば、患者自身はもちろんですが、その周りも治療に協力していかなければいけません。
過度の期待が患者へのストレスになっていたり、さらには症状を進行させる要因となっていることも考えられるのです。

スポンサーリンク

こうした過食症の症状が現れた際には出来るだけ早く、専門の医療機関を受診するのがオススメです。
というのも、過食行為は慢性化することによって様々な精神的、身体的症状を引き起こしていきます。
その結果、うつ病や拒食症などの新たな病気が発症することもあるので注意が必要になってくるのです。
もちろん、すべての人がそうというわけではありませんが、治療は始めるのが早ければ早いほど効果があげやすくなります。
症状が進行する前に何かしらの手を打っていくことで、患者自身も楽になるので、まずは精神科や心療内科の受診、相談からはじめていくと良いでしょう。
こうした医療機関では抗うつ薬や安定剤などを使用しながら、定期的なカウンセリングが行われていきます。
こうした精神的なアプローチによって症状は確実に改善されていくのです。

スポンサーリンク