過食症 吐かない 太る

吐かない過食症と太ることへの恐怖

スポンサーリンク

若い女性はダイエットや精神的なストレスがきっかけで摂食障害に陥ることは少なくありません。
食べることを拒み、どんどん痩せてしまう拒食症も多い症状ですが、その反対に食べることを止められない過食症もまた多くの人が悩んでいる症状です。
そして過食症になるとどうしても食べすぎ、カロリーオーバーとなりますのでそのままでは太ることとなってしまいます。
過食症の人は食べ過ぎる傾向がありますが、太ることに抵抗があることも多く、過食のあとに無理やり吐いて食べたものを出してしまう人も少なくありません。
そして、吐くことがクセになってしまった場合は普通の食事に戻そうとしても食べた後に条件反射で吐いてしまうことも多く改善が難しいとされています。

スポンサーリンク

過食嘔吐の症状の人は多いですが、中には過食だけで吐かないという人もあります。
過食のあと吐かない場合は、やはり太ることにつながり、肥満が進んでしまうこととなってしまいます。
そのまま太り続ける人もあれば太ることを恐れて吐かない代わりに大量に下剤を利用してしまうという場合もあります。
そしてこの場合は吐いているときよりも目立ちにくいので、周りの人も気づかないことも少なくありません。
摂食障害は自然に改善するということは難しく、放置しているとさらに悪化してしまうこともあります。
長期に及ぶことは健康に悪いことはもちろん、悪化するとより改善が難しくなりますので、できるだけ初期のうちに適正な治療を行うなどで改善を目指していきましょう。

スポンサーリンク