摂食障害 自力で治す 方法

摂食障害を自力で治す方法

スポンサーリンク

摂食障害になってしまうと、なかなか周囲の人たちに打ち明けることもできず、自分で辛さを抱え込んでしまうことになることもありますよね。
できるだけ周囲に相談したり、病院に行って先生に相談することが一番の治療方法ではあるのですが、実際にはなかなか人に言うことができなくて、自力で治さざるを得ないような状況に置かれている人もいるでしょう。
そこで、ここでは、摂食障害を自力で治す方法についてご紹介していきたいと思います。
摂食障害を自力で治していくためには、食事の内容を変えていくことで改善を目指していくことができるといわれています。
例えば、摂食障害の症状の1つとして過食症が挙げられます。
過食症の原因として考えられているものとして、糖質を取り過ぎてしまうことがあるようです。

スポンサーリンク

糖質依存というものがあるようで、炭水化物・糖質を取り過ぎてしまうと、もっとそれを必要だと脳が感じてしまい、さらに摂取しようという状態に陥ってしまうのです。
そして、この状態が継続していくことで過食症へと発展していきます。
この状態を自力で治すためには、食事の内容を変更していくという方法があります。
パンやお米などの炭水化物をなるべく控えて、野菜やお肉などの食事に切り替えていくという方法です。
これによって、糖質への依存が少なくなっていくので、過食症状を少しずつ抑えていくことができるという話もあるようです。
ただし、必ずしもこれによって過食を抑えることができるとは限りませんし、一番理想的なのは精神科などで根本的な治療を進めていく必要があります。

スポンサーリンク