過食症 顔のむくみ 解消

過食症による顔のむくみの解消方法等について

スポンサーリンク

過食症とは摂食障害の一種で、明らかに異常な量の飲食を繰り返してしまう事を言います。
この疾患は満腹を感じる事が出来なくなるので、自分の食欲をコントロール出来なくなってしまいます。
過食症はストレスの蓄積等が原因となる事が多く、過食そのものもストレスとなって悪循環に陥る事があります。
そのため悪循環に陥って悪化する前に、出来るだけ速やかに治療を開始する事が望ましいです。
 この疾患は食べた後に吐くタイプと、食べた後に吐かないタイプの2種類に大きく分類する事が出来ます。
吐くタイプは喉に炎症が起きたり、吐く事によって逆流した胃酸で歯が溶けてしまうといった症状も発生します。
これに対して吐かないタイプは肥満になったり、心筋梗塞や糖尿病等を併発してしまうリスクがあります。

スポンサーリンク

 食べた後に吐くタイプの過食症の場合、患者の中には顔のむくみという症状が現われる事があります。
これは食べ物を吐く事によって、体に必要な栄養やミネラルが常に不足する事と関係しています。
ミネラルの中にはカリウムという物質もあるのですが、この物質は細胞内の水分を一定に保つ働きがあります。
このカリウムが不足する事によって体内の水分バランスが崩れて、顔のむくみ等となって現われるのです。
 こうした顔のむくみを解消するためには、カリウムを多く含む食物を食べるという方法があります。
カリウムを多く含む代表的な食物としては、アーモンド等のナッツ類や海藻、バナナやリンゴ等が挙げられます。
これらの食物を意識して摂取する事でむくみの解消に繋がる可能性がありますが、根本的な解決にはならないです。
しっかりと解消するためには、過食症そのものをきちんと完治させる事が大切だと言えます。

スポンサーリンク