過食症 チューブ 方法

過食症の原因とチューブを使って吐く方法

スポンサーリンク

過食症は別名、神経性大食症といいます。
過食症が起こる原因は、痩せなければいけないというプレッシャー、慢性的な気持ちの落ち込みなど、精神的な原因があります。
また、神経科学的な問題が原因となることもあります。
食べることを抑えられずに暴食してしまい、それを吐き出そうとする行為を繰り返すことが過食症です。
そのため、極端に痩せている人や肥満の人は少なく、普通体型の人が多いのが特徴です。
無茶食いと嘔吐を繰り返すことで自己嫌悪や不安などになり、抑うつ症状や不安障害を合併させることがあります。
過食症を治すには、精神的な治療も必要であり、心理的な要員を取り除くことが大切です。
稀に短期間の入院治療を行うことがあります。

スポンサーリンク

医療行為ではありますが、チューブを使って吐く方法があります。
必要なものは100cm以上あるチューブで、太さは6mmから15mmくらいであり、柔らかすぎず硬すぎないものが丁度いいとされます。
滑り止めのついているような物は向いていないので、危険も伴うため、避ける必要があります。
口をあけ、チューブをスルスルと喉の奥までいれ、50cm程度になったら止めます。
そのままお腹に力を入れて、お辞儀をするお圧力でお腹の中の物が吐き出されます。
このチューブを使った吐く方法のメリットは、胃の中の物を全て吐くことが出来る、身体の負担が少ない、浮腫みや虫歯などの心配がないことです。
デメリットは、慣れるまでは大変、チューブが必要、場所を考えなければいけない、痛みなどがないので過食症が悪化してしまう、ということです。

スポンサーリンク