過食症 入院 費用

過食症での入院費用について

スポンサーリンク

過食症や拒食症などの摂食障害の治療方法は、症状により異なります。
拒食症の場合には、食べることを拒否することにより、衰弱してしまうことも多く、最悪の場合には死に至ることもあるため、入院をした上で治療を行うという事が一般的です。
しかし、過食症の場合には、薬物療法や心理療法などが一般的で、入院をするということは稀です。
入院をしない場合の治療費用としては、健康保険が適用される場合の心理療法で1回あたり2000円程度ですが、同時に薬物療法も行うという場合には費用はもう少し必要となります。
なお、入院が必要となる場合には、1日あたり4000円程度が必要となり、1ヶ月で1万円以上のお金が必要となる事になります。

スポンサーリンク

摂食障害は、入院をしても完治させることは難しい病気の一つです。
その理由としては、摂食障害を完治させるためには、摂食障害の原因に対する治療を行う必要があるためです。
薬物療法などは、あくまでも対処療法であり、根本的な治療とはなりません。
薬物療法と同時に心理療法、カウンセリングを行うということが重要になります。
カウンセリングは、医師やカウンセラーから受けることが出来ますが、医師の資格のないカウンセラーによるカウンセリングでは、健康保険が適用されませんので、費用には幅があります。
一回のカウンセリングで5000円から20000円程度となる場合もあります。
なお、カウンセラーとの相性もありますので、カウンセリングを受ける際にはその選び方が大切になります。

スポンサーリンク