過食症 病院 何科

過食症は病院の何科に相談するべきなのか

スポンサーリンク

一時的に食べ過ぎてしまうという事は誰にでも経験があるのではないでしょうか。
このような状態を過食症とは言えません。
過食症とは、自分では食欲のコントロールをすることが出来ず、食べ過ぎてしまい、さらに食べ過ぎたことに対して罪悪感や自己嫌悪、気分の落ち込みなどを伴う場合や食べた物を嘔吐するなどの症状を伴うものを言います。
症状の背景には、肉体的・精神的なストレスがあると言われており、それらを正しく把握し、改善することが重要になります。
自分一人だけでは、治すことが難しく、時として症状を悪化させてしまう可能性もありますので、注意が必要です。
過食症などの摂食障害の治療は、病院の何科で受けることが出来るのでしょうか。

スポンサーリンク

摂食障害の治療は、内科・心療内科・精神科で行っています。
かかりつけの病院があるという場合には、そこに相談することにより、何科に行けば良いのかを紹介してくれる場合もあります。
また、病院に行くことに対して不安があるという場合には、精神保健福祉センターや保健所などの窓口で相談すると良いでしょう。
無料相談を行っている場合もありますので、気軽に相談することが出来ます。
過食症の治療は、状態や希望によって異なりますが通院による治療が一般的です。
薬物療法として、抗うつ剤が使用されることもあります。
ただし、嘔吐や下剤乱用などが見られる場合、うつ症状がひどいなどの症状が見られる場合には、入院による治療が行われることもあります。

スポンサーリンク