過食症 逆流性食道炎

過食症で逆流性食道炎になる

スポンサーリンク

過食症は、異常なほどの食事をしてしまう病気です。
自分では、コントロールする事ができず悩み苦しみます。
過食症でも食べては吐くを繰り返す人と食べるが吐かない人がいます。
食べては吐くを繰り返す人は痩せてしまい、吐かない人は体重が増加していきます。
症状が悪化してきますと引きこもりとなり、他の病気も併発してしまいます。
また、食べては吐く行為を繰り返す人は、胃酸が逆流して逆流性食道炎になる人も多いです。
また、胃や腸の炎症にもなります。
逆流性食道炎になりますと不快な症状が続き、益々苦しむ事になります。
吐かない人は、体重増加により糖尿病や肥満、高血圧などになります。
過食症が引き起こす様々な病気は危険ですので注意が必要です。

スポンサーリンク

自分では、コントロールする事が出来ません。
家族が気付いたり、異常な食欲を抑えるように家族に助けを求めましょう。
また、危険を感じているのにどうする事も出来ないほど苦しかったら病院へいきましょう。
チェック方法としては、食事の量や回数の増加、食べる事を止められない、食べては吐くを繰り返す、下痢や嘔吐が激しい、精神的に苦しい、食べた後で自発的に吐く行為をしている、下剤などの服用、肌荒れや体調が悪いなどがありましたら過食症の可能性があります。
家族や周囲の方、病院などへ助けを求めましょう。
症状が進んでいきますと精神的な病気になる事もありますので危険です。
胃がんや逆流性食道炎、食道がんなどへの併発も考えられます。
病気は、ゆっくりと進行していきます。

スポンサーリンク