過食症 胃下垂 原因

過食症が胃下垂の原因となる事があります

スポンサーリンク

胃下垂は胃を支える筋肉や脂肪の少ない人がなりやすいと言われていますが、その原因は一つではありません。
一説には過食症やストレスがあると言われています。
食べ物が胃に長くとどまることにより胃下垂になるとも言われています。
過食を日常的に繰り返す過食症の人の場合には、胃に大きな負担がかかり、消化不良になりやすいということもありますので、胃下垂の原因となることもあります。
過食症の人の特徴として、下腹が出ている人が多いということがありますが、これも胃が通常あるべき位置よりも低い部分にあることが影響しているとされています。
胃が下がることにより、他の臓器にも悪影響を与え、婦人科系にも様々な影響を及ぼす可能性があります。

スポンサーリンク

過食症の人の場合、ただ単に大量の食べ物を食べるだけではなく、食べた物を吐き出すという行為を行う場合もあります。
この行為は、胃や食道、歯などに負担をかける可能性があります。
その理由として、嘔吐する時に食べた物だけではなく、胃液も一緒に吐き出されるためです。
胃液には、食べ物を消化する役割があるだけではなく、体に必要なミネラルなども含まれていますので、吐き出すことにより、体のバランスが崩れることになってしまいます。
また、胃液が少なくなると、過剰分泌され、その結果胃潰瘍などの原因となる可能性もあります。
過食症は、個人で完治させることは難しい難病です。
そのため、専門医のもとで適切な治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク