過食症 前兆 症状

まさか私が過食症?〜前兆と症状〜

スポンサーリンク

皆さんの中でイライラすると、特にお腹が空いた訳でもないのにたくさんものを食べてしまう人、いらっしゃるのではないでしょうか。
それ、過食症の前兆ですよ。
人前では人並みに食べるけど、人が見てないところでは凄い量食べるとか、気持ち悪くなるまで満腹感が分からないのが過食症の症状の例です。
特にこの症状は女性に多いのです。
最初は自分へのご褒美やお口が寂しいからってつもりがどんどん過食症へと導かれてしまいます。
病院に行くレベルになるまでの前兆として、食べた分吐いてしまう人は、だんだん胃液によって喉の粘膜が炎症したり、歯が溶けていくなどなってようやく自分は危険だと気がついたりします。
しかし、吐けない人はその分吸収して太るので肥満になり、生活習慣病など別の形として病院に行くことになるでしょう。
本格的に危ないときはお近くのお医者さんに相談した方が良いです。
最終的には自分次第なのですが、1人で解決しようとすると上手くいかなかったとき反動が危険なので少しずつ、周りの力を借りて治していくと良いかと思われます。

スポンサーリンク

さて、そこで、ではどうやって治すかということで、過食症は習慣化するとなかなか治りません。
症状もどんどん悪化していきます。
理想は前兆に気がついた時点で十分注意することです。
前兆とは先ほど述べたことや、運動量は増えてないのにいつもより食べないと満足できないといったことも入ります。
まずは、身の回りに食べ物を置くのをやめましょう。
何か物足りないときはゼロカロリーの水やお茶を飲みます。
それに慣れるまでが大変ですが、慣れれば勝ちです。
次に家に食べ物があっても時間になるまで食べない、決められた量しか食べないを家族と協力して行いましょう。
もし食べてしまっても自分を責めないで下さい。
責めると、もうどうでもいいやとなって、今まで以上に食べてしまうことが多いです。
少しずつ体を慣らして、もとの健康な体に戻れることを祈ってます。

スポンサーリンク