過食症 虫歯 症状

過食症の症状の1つに虫歯があげられます

スポンサーリンク

過食症は正しくは神経性大食症と呼ばれ、食べ物を大量に摂ってしまう病気のことです。
若年層や女性に多く見られ、自身の努力や時間の経過により改善されることはないです。
大量に摂取してしまったことに対し後悔や不安の念を抱く場合が多いです。
過食症は心配性の人や自尊心が低い人が罹りやすい傾向にあります。
痩せたいという意識が強いこと、人間関係などにおける悩みのほか、低血糖症が原因とされることもあります。
症状としては、食事後に嘔吐や排泄をしようとする・憂うつ感・虫歯になりやすいことなどがあげられます。
嘔吐や排泄により胃酸が逆流し、エナメル質が溶けることで虫歯の症状が現われます。
過食症と認められた場合、心療内科などで治療を受けます。

スポンサーリンク

治療においては、投薬治療と心理療法の2つが柱となります。
投薬治療は、不安や憂うつ感を改善する目的にて行われ、抗不安薬や抗精神薬が用いられます。
心理療法は、対人関係療法やカウンセリング、認知行動療法など色々あります。
この療法は、医師との対話を通じて発症の原因を探り解決を図っていく方法です。
過食症は医療機関などの治療と平行して、ストレスを溜めないよう気を付けることが何より大事です。
普段から家の中や自身の部屋に食べ物を多く置かないようにしておきます。
自助グループに自ら参加して、患者同士悩みを共有したり打ち明けたりすることにより、孤立感を感じずに済みます。
規則正しい生活を送り、睡眠を十分取るようにします。

スポンサーリンク