摂食障害 治療 期間

摂食障害の治療期間はどれくらい?

スポンサーリンク

摂食障害になってしまうと、どれくらいの間辛い思いに悩まされてしまうのでしょうか?
治療に必要な期間がどれくらいなのか非常に気になりますよね。
ここでは、摂食障害になってしまった時に治療にかかる期間はどれくらいなのか考えていきたいと思います。
摂食障害には大きく分けて2つのパターンがあります。
1つは拒食症と呼ばれるもので、食べる量を制限するパターンです。
そしてもう1つは過食症といわれるもので、過度に飲食をしてしまうという症状です。
症状によって治療期間も異なるようですし、その程度の重さによっても必要な期間というのは変わってきます。
拒食症になってしまった時にも、軽度なものであくまでも一過性の症状に過ぎない場合もあります。

スポンサーリンク

一方で、症状が重く、長期間にわたって悩まされてしまうこともあるようで、残念ながら、一概に治療期間はこれくらいだと言えないのが現状です。
比較的治療期間が短くなる要因としては、発症の年齢が若いことや親子関係が良好であることなどが挙げられます。
逆に、何度も嘔吐を繰り返したり、下剤によって排泄していたりすることが多いと症状が悪化しやすく、長期化しやすくなるようなのです。
さらに、拒食症の症状が長期化してしまうと、一転して過食症の症状へと変わってしまうことがありえます。
全く逆の症状だと思われることもありますが、拒食症の反動として過食症になってしまうことが多いのです。
拒食症から過食症へと変化してしまうと、治療も長期化してしまい数年にわたって治療を継続する必要が出てくることもあります。

スポンサーリンク